あなたは1人じゃない。

食生活

近年増えているうつ病とは

現代の心の病として社会問題になっているのが、うつ病です。うつ病というのは、主にストレスによって発症する精神疾患です。たとえば、新しい環境へ引越したこと、大切な人の死や病気など、外部からの大きなストレスで症状が出てしまいます。 うつ病にかかると、いろいろな症状が現われます。たとえば、日常生活において何かをやろうという意欲がわかなくなります。また、食欲の減退、身体が動かなくなる、体重の減少、不眠、そして身の回りのことが自分でできなくなります。 また、うつ病の初期と、回復期においては強い自殺願望が起こります。生きている存在価値が分からなくなってしまうことで、衝動的に自殺を起こしてしまう危険性があります。

症状を改善するための食べ物

うつ病の症状を改善するには、普段の食事に気を配るべきです。というのは、うつの人は、精神を落ち着かせる栄養素がかなり不足しているからです。なので、食生活を見直すことが大事です。 たとえば、うつ病の症状に良い食べ物として、バナナがあります。バナナには、人間の精神を安定させる作用がある「トリプトファン」という物質が豊富だからです。スーパーで安く購入できるので、毎日摂取すると良いです。 その他にも、シソ油もうつには効果的です。シソ油に含まれるαーリノレン酸は、うつに必要な栄養を作る働きがあるからです。また、ビタミンB12も多く含んでいるので、うつ状態を解消していくためにおすすめです。サラダ油の代わりに使用すると良いです。