あなたは1人じゃない。

春になるうつ

春に起こるうつ病がもたらす症状と原因

近頃の日本では、春になると気分が落ち込みやる気が起きなくなるなどの症状を訴える人が増加しています。この症状は、典型的に春うつによるものです。一年の中でも春というのは、新しい学校への進学、新しい学校への転勤など周りの環境が変わる時期です。そのことでストレスを感じるために、うつ症状が起きてしまいます。また、寒い冬から春になることで、大きな寒暖差を感じることになります。そのことで、自律神経に支障をきたすことでもうつ病を生みます。 春のうつ病の主な症状は、まず不眠がよく起こります。さらに無気力になり、食欲も落ちて体重が減ってしまいます。その他にも、疲れやすい、便秘や下痢、めまいやふらつき、動悸、息切れなどの自律神経症状を伴います。

うつを解消するために効果があること

春に起こるうつ病を改善するには、日々の生活習慣が大事になります。たとえば、家に引きこもっていないで、積極的に外で運動をすることが大事です。うつ病になると、疲れるのを気にして外出を避ける傾向があります。ですが、気分が落ち込んだまま家にいると、症状がさらに悪化してしまいます。なので、気分が落ち込んだ時はストレスを溜めないように、外へ出てリフレッシュするといいです。たとえば、ウォーキングやストレッチ、ランニングなどの運動をするとストレス解消に良いです。 また、うつを解消するには、春は服装に気をつける必要があります。春というと、暖かい日もあれば、非常に寒い日もあります。このような寒暖差は、身体の自律神経を乱す原因になります。よって、春だからと薄着に固執せずに、きちんと身体を温めるような服装を選んだほうが良いです。