あなたは1人じゃない。

治療費用

治療費とその自己負担額

うつ病の治療は症状にもよりますが、期間の長いケースが多いです。治療費を全額負担する場合、1回の治療につき、およそ1万円前後が必要になります。そのため、健康保険を活用することが望ましいです。それによって、経済的な負担軽減になります。個人の診療所やクリニックであっても、抗うつ薬を処方する機関では、保険が適用されます。長い期間における入院や治療で、経済的負担が大きくなると、自立支援医療費制度を利用することができます。これを活用することで、自己負担の軽減に役立つのです。この制度を活用すると、自己負担額は所得にも関係しますが、およそ10%で済みます。ちなみに残りの90%は、医療保険と公費によって賄われます。

うつ病の一般的な特徴と治療

うつ病は主に中年期に発症する病気です。もちろん、それ以前の発症もあります。うつ病の発症理由には、現実的な困難が病気の引き金になることが多いです。しかし、困難の最中に発症するケースよりも、新しい環境や秩序に適応しなければならない時点に至って発症することが多いです。つまり、困難に耐えて何事かを成し遂げた後に注意が必要なのです。身体の調子がはっきりしない、肩こりがひどい、朝気分が重たいという症状が特徴的です。その他にも、早朝目覚めてしまい、ゆっくりと眠れないなどの症状もあります。現在では症状が出ても、うつ病の治療薬や治療法はほぼ整っています。まずは、抗うつ剤の服用と休息が大切です。適切な治療をきちんと受け入れれば、治る病気です。